ブログトップ

SEWING MY WAY~savon sewing BLOG~

savonvon.exblog.jp

1年経ちます。

***はじめての方はsavon sewingからのごあいさつもどうぞご覧ください***


***現在オーダー受付一時停止中です。詳しくはコチラの記事をご覧下さい***


今日は本当に、ただの日記。

2010年も今日から10月に突入。早いですねぇ。
9月は秋はどこ?と思う猛暑に始まったと思ったら、台風をきっかけに一気に涼しくなり、雨続きの日々で洗濯物が乾かぬー生地の水通しが干せぬーと悩む日々。
近所の橋の架替工事も、9月からは雨が多いのでストップしています。自然を相手にする建築は、少しずつ景色が変わる様子や橋の完成を楽しみにしている住民が想像する以上に大変でしょうね。最後まで事故なく終えて欲しいです。

引越しをして、保育園まで徒歩3分ほどだったのが自転車で10分位の距離になりましたが、父が仕事に使う自動車しかないために雨の日も徒歩で登園です。娘もえっちらおっちら長靴履いてかっぱを着て、小さな傘をさし、20分近く歩いていきます。途中の神社で挨拶をして、水たまりをぱしゃぱしゃ跳ねて歩けるのは、雨の日の徒歩通園のお楽しみになっています。


1年経ったというのは、個人事業主になってからのことです。あっという間に1年です。進められるがままに税務署に行き、年の近そうな女性職員さんに親身に相談に乗っていただきながら、緊張しまくって用紙に記入しました。
専門学校を卒業後、アシスタントの時から確定申告はやっていましたが、青色申告は初。右も左もわからぬまま、友人に聞いたり、たまたま知り合った方と情報交換をさせていただいたり、申告会の担当の方に丁寧に指導していただいたりしながら、本当~~~にゆっくりですが進んできました。
感謝という言葉では軽すぎるくらい、感謝しています。皆さんありがとうございます。





娘が10ヶ月の時にハンドメイドのお仕事を再開し、家事育児と並行して週に600枚とか700枚納品(小さいものですが)したときは、夜中に起きてきた娘に乳をくわえさせながら、どうにかしてミシンを踏んだりして必死でした。
でも苦ではなくて、趣味の延長でミシンの仕事が出来れば…と思っていただけだったのに、気づいたらこんななっていた…という感じです。いえ、ならせてもらっていたんだと思います。
それだけに、そのハンドメイドの仕事が2年5ヶ月で終了になったのはとても残念でした。大変お世話になりました。

周りを見渡せば、同じようにお子さんがいらしてもとても精力的に活動されていたり、作家さんとして素晴らしい作品を作られて世間でも認められているかたも沢山。本当に意識が高く、完成度も高く、世界観が確立されていてすごいなぁ!と驚くばかりです。

そして、それに比べたら自分は…と、立ち止まります。「自分らしさ」や「表現したいもの」が自分でよくわかっていないのです。学生時代、卒業制作や就職活動のときも同じように立ち止まり考え、悩みましたが、結局答えが出ないままだったように思います。
というか、何を考え、何をして、どう取り組んでいたのかがサッパリ思い出せない。ぽっかりと最終学年の3年に進級した春の次に、初夏から秋の間の記憶はなく、3年生の冬のクリスマスにドイツにいたことに飛びます。
抜けているのは、学校や将来やモノ作りだけではなく、ぜんぜん違う大切にしたいものがあったのに、なくしてしまった時期でした。

きっとその抜けている間に、本当はその時に悩みぬいて見つけなければいけなかった大切なものがあったんだろうなと思います。それを見つけないまま、漠然とこれがやりたい(ような気がする)、(今は)あれがやりたい、というような感じで進んできてしまったのかもしれません。
スタイリストや衣装製作、コーディネーターのお仕事は4歳の時からなりたかったので、卒業間際にやっぱりスタイリスト事務所行きますと決めたのは、いい加減でもなんとなくでもなく本気だったんですけどね。
できる事なら、また現場で働きたいとも思います。子どもがいるので、撮影が夜になるときは…逆に早朝出る時は…となったら誰に頼るか、急に子供の具合が悪いので…は出来ないしどうするのか、主人の仕事や同居の両親の仕事を考えると、諦めざるを得ない夢ですが。

こんなにぶっちゃけていいのか?と思いますが(^^;)今日はまだ書きます。

この9月は、なんだかいろいろな事が重なって、肉体的にも精神的にもかなりキツくて、だいぶゆったりペースのお仕事にしているにもかかわらず、手が進まない日々。そんな甘っちょろい自分にも嫌気がさしたりして、どうにもこうにもという感じでした。

また、どういう意図で近づいてきたんだろう?と思うような人が居たり、元々人付き合いに関しては得意では無いために、考えすぎなのかどうなのかすらわからなくなるような状態が苦痛だったりもします。
その分、相談したりなにげない会話が出来る親しい友人たちにも、本当に救われたりもして有難たかったです。twitter上で仲良くしてくださっている方もこの中に含みますが、いつもありがとうございます!


なんだかとりとめもない上に、湿っぽくなって申し訳ないです><

現在ウェディングドレスの製作と、他にもいくつかのオーダーをいただいているのですが、その後はちょっと未定です。
専門学校や現場でレディースを学び、子供を授かってから独学で子供服を勉強してきましたが、もっとパターンや縫製、他にも勉強したいと思っています。それこそ洋裁に限らず、先日の尖閣諸島での事件も関わる日中関係や大好きな日本という国のこと・それ自体も。

11月から再開とお伝えしていましたが、オーダーはご希望があればお受けするかもしれませんし、しないかもしれません。でも、お金をいただく服作りに、しっかり向き合えなければ申し訳ないので、その時々に応じて…というふうにさせて下さい。申し訳ありません。
きっと何かしらモノは作っているかと思いますが、ブログに載せるかもわかりません。

もう少し、どうしたいかを考えてから、またお知らせしたいと思います。その時はどうぞよろしくお願いします。


***オーダー申し込み、お問い合わせやメッセージはコチラからどうぞ***
(フォームはfc2を利用しています)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しはじめました☆
よろしければポチッと応援お願いします(´▽`)

-----------

大好きな俳優ARATAさんが出演するということで気になって、観に行きたい~と言っていた「君に届け」の原作漫画を友人に借りました。
12巻まで、だだーっと一気に読んで、その後もスキをみつけては繰り返し読んでしまうくらい、ハマってしまいました!今更!
気になるーとツイートした後の、フォロワーさんたちからの良いよ!という反応が凄すぎてびっくりしたのですが、確かにこれはハマるな~と納得。読み終えてしばらくしてから、あれ?ARATAが演じるピンってどれだっけ?ARATAっぽい登場人物なんていなかったけど・・・?と読み返しての衝撃もびっくりでした(笑)
映画見たいーと言っていて、なかなかタイミングが合わず見逃してばかりいるので、「君に届け」は絶対に観に行きたい!と思っています。
[PR]
by savon-sewing | 2010-10-01 00:16 | 日記
<< オランダからのリボンたち 吉祥寺すっきすき! >>